ドラえもんに会いに行こう! 藤子・F・不二雄ミュージアムの楽しみ方

STORY

 

ドラえもんに会いに行こう!
藤子・F・不二雄ミュージアムの楽しみ方

 

 
 
日本を代表する名作『ドラえもん』や『パーマン』など、数々の作品を生み出した漫画家、藤子・F・不二雄のミュージアム。2011年、藤子・F・不二雄が長年住んでいた川崎市多摩区に誕生したこのミュージアムも、今年で5年目を迎えます。日本だけでなく、世界中の子どもたちを笑顔にしてきた“「夢」と「ふしぎ」と「遊びゴコロ」”が散りばめられたミュージアムをご紹介します。
 
藤子・F・不二雄ミュージアムの恐竜
 

最寄駅からミュージアムまでは直行バスを利用しよう


小田急線・JR南部線の登戸駅からミュージアムまでは、川崎市バスの直行便で約9分。バスには藤子・F・不二雄作品のかわいいキャラクターがたくさん描かれていて、ミュージアムに着く前からテンションアップ!わくわく気分で乗り込みましょう。
 
川崎市バス
  シャトルバスは駅前から出発します
 
川崎市バス車内のベル
車内のベルに描かれているオバケのQ太郎(左)、ドラえもんのベルのバスもあります (右)​
 

さっそくミュージアムの中へ入ってみましょう


エントランスに入ると、キャラクターが飛び出す真っ白な「笑いの壁」と青空が広がっていました。ひょっこり飛び出たキャラクターはユニークな表情をしています。左の写真の青空に広がる雲のかたちをよ~く見てみると……キャラクターの姿を見つけられるかも!?
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_エントランス
壁にはドラえもんやのび太の姿が
 

ミュージアムのいろいろな展示を見て回ろう


エントランスを抜けた1階には、『ドラえもん』や『キテレツ大百科』などの貴重な原画を展示する「展示室Ⅰ」や藤子・F・不二雄先生の仕事場を再現した「先生の部屋」があります。「先生の部屋」には自宅から運び込まれた愛用の机と、膨大な蔵書や資料本、コレクションなど、約1万点が展示されています。天井まで続く本棚は圧巻です。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_先生の部屋1
「先生の部屋」には、小さなのび太とドラえもんが隠れいるので探してみましょう

原画を展示している「展示室Ⅰ」の机にはいくつか引き出しが。引き出しを開けてみると作品に登場するキャラクターが隠れています!
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_先生の部屋2
どのストーリーに登場したキャラクターか思い出しながら鑑賞するのも楽しいです
 

「きれいなジャイアン」に遭遇


2階の外部庭園になる「きこりの泉」では“きれいなジャイアン”に会えます。イソップ寓話のひとつ『金の斧』をモチーフにしたドラえもんのひみつ道具のひとつ“きこりの泉”に落ちてしまったジャイアンが、きれいな姿になって登場します。泉に設置されているレバーを上下すると「きれいなジャイアン」が現れるので、レバーを操作してみて!
実は原作では1話限りの登場ですが、ファンの間では高い人気があり、フィギュアにされたりしているんですよ。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_外部庭園のきれいなジャイアン
りりしい顔に思わずドキッとしちゃいそうですね! 
 

キッズスペースやまんがコーナーも充実


2階には子どもたちが喜ぶ展示がたくさんありました! 小さな子どもたちが楽しく遊べる「キッズスペース」(※対象は未就学児のみ)には、パズルや木製のひみつ道具などがたくさんあります。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_キッズスペース
 子どもたちが夢中になる遊び道具が並んでいます
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_キッズスペースのドラミちゃん
壁に書かれたキャラクターにも注目です

「キッズスペース」の隣には「まんがコーナー」があります。ここは藤子・F・不二雄のまんがを読むことができるライブラリースペースになっています。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_まんがコーナー1
藤子・F・不二雄の作品をソファに座ってゆっくり楽しんじゃいましょう
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_まんがコーナー2
好物のどら焼きを食べながらまんがを読んでいるドラえもん。かわいい!
 

キャラクターに会える屋上広場


屋上広場がある3階の「はらっぱ」は、館内でもっともたくさんのキャラクターに会えるエリア。ドラえもんは作品でもおなじみの“いつもの空き地”にいました。ちょっとおすまし顔で歩いている姿がなんとも愛らしい! ミュージアム内には絶好のフォトスポットが点在しているので、たくさんのキャラクターと記念撮影をしてみましょう。あの有名なひみつ道具、「どこでもドア」もあります。 扉を開けると行きたいあの場所へ行ける……かも?!
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_屋上広場1
ドラえもんといっしょに撮影できる人気のスポット
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_屋上広場2
 土管の中をのぞくと楽しい落書きが! もちろん土管の中にも入れます! 芝生の上にはパーマン1号・2号が並んでお昼寝中
 

ミュージアムカフェで休憩中も藤子ワールドを満喫

3階のミュージアムカフェでは作品をモチーフにしたメニューが勢ぞろい。窓の外に広がる屋上庭園を眺めながら、のんびりと休憩するのに最適です。 週末は混雑することが多いので、入館したらまずはじめにミュージアムカフェの整理券をもらってから展示を見るのがおすすめです。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_ミュージアムカフェ
ドラミちゃんピザセット 1,650円(左上)、フレンチトーストdeアンキパン 930円(右上)、ドリアもん 日本誕生バージョン 1,230円(左下)、カフェラテ 各570円(右下)
 

キャラクターみやげは絶対ゲットしたい


おみやげは1階のミュージアムショップと3階のギフトコーナー藤子屋で販売しています。ドラえもんをはじめとした藤子・F・不二雄先生のキャラクターの限定グッズなどがたくさんあります。旅の想い出に是非買って帰りましょう♪
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_おみやげ
メモ&ペンホルダー 1,080円(左、1階ミュージアムショップ)、アンキパンラスク(12枚入り) 1,650円(右上)、どら焼き(1個) 210円(右下、3階ギフトコーナー藤子屋)
 

館内には他にもこんなのがあります


2階の「みんなのひろば」で限定のガシャポン(1回300円)を発見しました。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_ガシャポン
なにか出てくるかはお楽しみ!

トイレや館内の案内表示にはキャラクターが隠れていたり、ちょっとしたところにも藤子ワールドが広がっています。 いろいろなところを注意深く見てみると、より楽しい時間を過ごせそうですね!
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_案内標識
もちろん“ネズミ”の入館はできませんので、あしからず
 
ちなみに、館内では専用の音声ガイド「おはなしデンワ」が借りられます。
 
藤子・F・不二雄ミュージアム_音声ガイド
日本語(大人用、子ども用)、英語、中国語、韓国語の音声ガイドがあります
 

事前にチケットは買っておこう!


ミュージアムは日時指定の完全予約制。現地の窓口販売は行っていないので、チケットは必ず事前に購入していきましょう。毎月30日から翌々月分のチケットの販売を開始します。チケットは日本全国のローソンだけで購入できるので、事前にチェックしておきましょう。
http://l-tike.com/fujiko-m/  または、ローソン店頭の端末Loppiで予約できます。
 

Information

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
定休日:火曜
営業時間:10:00~18:00(入館は1日4回の時間指定。入場指定時間から30分以内に入場)
料金:大人1,000円、中・高校生700円、4歳~小学生500円、3歳以下は無料
アクセス:小田急線・JR登戸駅生田緑地口から川崎市営シャトルバス(有料)で約9分
http://fujiko-museum.com

※表示価格はすべて税込です

©Fujiko-Pro
 

この記事が気に入ったら
DiGJAPAN!にいいね!してね。

この記事は2016年12月16日の情報です。 文:DiGJAPAN! 編集部

 

最新コメント | 0件のコメント

    • コメントがまだありません
  • DiGJAPAN!会員になると
    コメントが投稿できます。

    会員登録