tr?id=1543387775907290&ev=PageView&noscript=1

唯⼀無⼆!北海道の絶景 宝⽯の様な輝きを放つ厳冬のジュエリーアイス

STORY

 

唯⼀無⼆!北海道の絶景
宝⽯のような輝きを放つジュエリーアイス

 

 
 
⽇本で唯⼀、北海道十勝・豊頃町の大津海岸でしか⾒ることができないジュエリーアイスというものを知っていますか?その神秘的な美しさは、インスタ映え抜群!一見の価値がある、日本で唯一の冬の絶景として今注目されています。
 
北海道十勝・豊頃町の大津海岸のジュエリーアイス

ジュエリーアイスとは、陽の光を浴びると、きらきらと光り輝く氷が宝⽯のように美しく⾒える氷の塊のこと。豊頃町の⼗勝川河⼝⼤津海岸で、厳冬期だけに⾒られる⾃然現象です。⾒頃は1⽉中旬~2⽉下旬頃までの約1か⽉間。朝日でオレンジ⾊に染まる早朝や、昼間の⻘⾊など解き放つその光はまさに宝⽯のような輝きです。

今回は、今注⽬されるジュエリーアイスを、比較的気軽に見に行ける現地のガイドツアーやタクシープランなど、実際に見に行く方法などを詳しく紹介します。
 

ジュエリーアイスが美しい理由

まず、この地方でジュエリーアイスのでき上がる過程をご紹介します。
マイナス20℃以下になることもある12月から2月までの厳冬期は⼗勝川が氷結しますが、日中の暖気や潮の満潮・干潮による影響で、氷が割れてそのまま太平洋に流れ出ます。割れた氷が波にもまれることで角がとれ⼤⼩さまざまな氷の塊となって、⼗勝川河⼝の⼤津海岸付近に打ち上げられます。
 
打ち上げられた自然の氷
 
ジュエリーアイス1
ジュエリーアイス2
ジュエリーアイス3
ジュエリーアイス4
 
ジュエリーアイス5
ジュエリーアイス6
ジュエリーアイス7
ジュエリーアイス8

角が丸くなった氷が浜辺に打ち上げられた様子が美しいと、数年前から写真家の間では知る⼈ぞ知る撮影スポットとして注目されはじめました。2016年1⽉に北海道新聞やヤフーニュースで取り上げられ、翌年2017年にはニューヨークタイムズに「世界で唯⼀の景色」として掲載されたことで、海外からも注⽬を集めています。

「ジュエリーアイス」の名前の由来ですが、大津海岸に打ち上げられる氷の塊が陽の光を浴びると光り輝く宝⽯のように美しく⾒えることから、豊頃町出⾝で豊頃町観光⼤使の浦島久さんによって「ジュエリーアイス」と名付けられました。また「ジュエリーアイス」が⾒られる⼗勝川河⼝付近の⼤津地区は、⼗勝の開拓が大津を玄関口として十勝川を遡上する形で進んだ歴史から⼗勝地⽅発祥の地とされる由緒ある場所です。
 
大津海岸
 

時間帯によって表情を変えるジュエリーアイス

⼗勝川の氷は、ゆっくり時間をかけて凍るため不純物が⼊っておらず透明度が⾼いのが特徴です。朝⽇があたる絶妙な⽅向もあいまって、唯⼀無⼆の輝きを放ちます。逆光だと氷がキラキラときれいに⾒えます。
 
日の出に輝くジュエリーアイス

ここでしか出会えない厳冬の北海道⼗勝が創り出したフォトジェニックな世界を体感できます。
 
日中のジュエリーアイス

Information

ジュエリーアイス
住所:北海道豊頃町⼤津元町 ⼤津海岸
アクセス:とかち帯広空港から豊頃町まで⾞で約45分
http://www.toyokoro.jp/tourism/news/
 

ジュエリーアイスを見学する方法

ジュエリーアイスは、ホテルから歩いて行ける手軽な立地ではないため、旅行者のみなさんには、タクシーやガイドツアーを利用することをおすすめします。
 
ジュエリーアイスを撮影する人々


■現地発着ガイドツアー「ジュエリーアイスガイドツアー」

出発時間帯別にサンライズツアー、デイツアー、ナイトツアーから選べるガイドツアーを開催しています。ジュエリーアイスの海岸だけではなく、ジュエリーアイスが発生する河口付近なども見学します。また、周辺にお住まいの地元の方々に迷惑とならないよう、さまざまなサポートをしてくれます。オプションでプロのネイチャーガイドも同行可能。撮影のテクニックを教えてくれたり写真を撮ってくれたりします。フォトジェニックな最高の思い出を残すことができます。

「ジュエリーアイスガイドツアー」
催行期間:2018年1⽉12⽇~3⽉11⽇ ※年度によって開催期間は異なります。
所要時間:約4時間(ティータイム付)
発着:北海道帯広市内、および近郊の温泉宿泊施設
料⾦:サンライズツアー8,000円 (デイツアー6,000円、ナイトツアー8,000円、ネイチャーカメラマンによる撮影はグループで50,000円)
電話:0155-66-4006(サムライプロデュース)
外国語対応:あり(英語)
https://www.samuraiproduce.com/
 

■「乗合タクシープラン」を利⽤

タクシーを利⽤して、ジュエリーアイスを⾒学する約1時間のプラン。帯広市内、⼗勝川温泉、幕別温泉発着で、⽇の出の時間帯をめがけて会場へ到着します。出発は午前5時頃。会場で1時間滞在した後、宿泊先のホテル等へお送りします。見学後は温かいコーヒー付き。宿泊先への戻り時刻は午前8時30頃の到着になります。

「ジュエリーアイス見学 乗合タクシープラン」
催行期間:2018年1⽉13⽇~2⽉18⽇
所要時間:3時間~3時間30分
発着:北海道帯広市内・⼗勝川温泉・幕別温泉
料⾦:5,000円(⾒学後のコーヒー付)。参加者1名から催行
※午前5時から午後2時の間で、お客様のご希望の時間に出発する「専用タクシープラン」もあります。参加者2名から催行。会場で1時間滞在、所要時間3時間。料金は2名参加で1人78,780円、3名参加で1人5,380円、4名参加で1人3,980円
電話:0155-67-8855(旅の便利屋)
外国語対応:あり(英語)
http://www.tabinobenriya.co.jp/    
 

⾒学のあとは⾷堂であったかグルメ きいちゃん⾷堂

ジュエリーアイスの見学は寒い外で写真に夢中になってしまい、体が冷えてしまいますよね。そんなときにおすすめなのが、地元の北海道⼤津産のホッキ⾙がたっぷり⼊ったカレーライス。お店の看板メニューとして、⾷堂がオープンした頃から提供している定番の⼈気メニュー。下茹でしたホッキ⾙のだし汁を加えて作っている味わい深い中⾟カレーです。
 
ホッキ⾙カレー 800 円
ホッキ⾙カレー 800 円

地元⼤津産のホッキ⾙とつぶ⾙が⼊った塩味のラーメン。定番のホッキラーメンにホッキ⾙を加えて、2016年に新メニューとして登場。具だくさんでボリュームもたっぷり。さっぱりとした塩味のスープが決め⼿。
 
塩つぶほっきラーメン 1000 円
塩つぶホッキラーメン 1,000 円

ちなみに、事前予約(数量限定)で午前7時から「きいちゃん定食」1,200円も提供しています。地元の食材を使用した朝食を堪能できます。

きいちゃん食堂は、2017年12月でちょうど6年目を迎えました。明るくて楽しい店主の杉山君代さんがお店を切り盛りしていてとてもいい雰囲気です。港町ならではの地元大津産の魚貝類をふんだんに取り入れた愛情たっぷりのメニューが特徴です。
 
きいちゃん⾷堂

Information

きいちゃん⾷堂
住所:北海道豊頃町⼤津寿町5-2
営業時間:11:00~15:00
定休⽇:⽉曜
アクセス:JR帯広駅から車で約1時間/とかち帯広空港からは車で約1時間15分
※ジュエリーアイスが見られる豊頃町大津海岸からは徒歩で行けます
 

【服装のアドバイス】防寒対策をしっかりと!

ジュエリーアイスは厳寒期だけに見られる現象。⾒頃は1⽉中旬~2⽉下旬頃までの約1か月間です。⾃然現象のため発⽣時期は気象状況等によって異なります。⾒られる確率は70%ほど。また、風がある日の体感気温はマイナス30℃以下に感じることもあるので、しっかり防寒が必要。極度の低温で電圧が低下するため、携帯品の携帯電話やカメラなどの電子機器の保温をおすすめします。1⽉から2⽉は駐⾞場と休憩所・物産販売所・簡易トイレが設置されます。

※汐見橋(大津海岸へ行く橋)は事故防止のため車両通行止めとなります。

 

ジュエリーアイスでフォトジェニックな体験を

⽇本で唯⼀、北海道十勝・豊頃町の大津海岸でしか⾒ることができないジュエリーアイス、いかがでしたか? その神秘的な美しさは、インスタ映え抜群!一見の価値がある、日本で唯一の冬の絶景は一度足を運び体感すべき絶景です。カメラを持ってでかけましょう。


取材・写真協⼒
ひがし北海道観光事業開発協議会、十勝観光連盟、帯広観光コンベンション協会、豊頃町、原口匡子、渡邊孝明


 

この記事が気に入ったら
DiGJAPAN!にいいね!してね。

この記事は2017年12月26日の情報です。 文:DiGJAPAN! 編集部

 

最新コメント | 0件のコメント

    • コメントがまだありません
  • DiGJAPAN!会員になると
    コメントが投稿できます。

    会員登録