tr?id=1543387775907290&ev=PageView&noscript=1

日本三大稲荷 笠間稲荷神社で開催「笠間の菊まつり」栗スイーツや日本酒もおすすめ

STORY

 

日本三大稲荷 笠間稲荷神社で開催「笠間の菊まつり」秋の味覚・栗スイーツや日本酒もおすすめ

 

 
 
秋の旅行の計画は決まりましたか?東京から日帰りででかけられる笠間では、秋を楽しめるイベント「笠間の菊まつり」を開催しています。「笠間の菊まつり」のほか、笠間焼を見たり、栽培面積日本一を誇る笠間の栗を使ったグルメなど味わえます。
今回は、かさま観光周遊バスで巡る笠間一日旅をご紹介します。


 9:55 友部駅北口 出発 

駅前からかさま観光周遊バスで笠間稲荷神社へ

東京方面から笠間へのアクセスは、上野駅からJRの特急列車に乗って友部駅まで来る方法と、秋葉原駅発の高速バスを使って笠間エリアまで来る方法があります。今回は特急列車で来て、友部駅北口からかさま観光周遊バスに乗車します。
   
友部駅北口かさま観光周遊バス乗り場

かさま観光周遊バスは1回100円、1日券200円ととてもリーズナブルなのでおすすめ。1時間~30分に1本運行しているので、時刻表を事前にチェックして旅行スケジュールを立てるとよいですよ。

★かさま観光周遊バス 詳細はこちら
運航:1日8便運行(月曜除く)※月曜が祝日の場合は運行し、翌日が運休になります
 
かさま観光周遊バス

笠間の街歩きには、かさま観光周遊バスのほか、路線バス、レンタサイクル(1日300円。電動自転車は500円)も活用できますので、自分で組み立てるのがおすすめです。


 10:12 バス停稲荷神社 下車 

笠間稲荷神社で日本最古の菊祭り「笠間の菊まつり」開催

日本三大稲荷のひとつといわれる笠間稲荷神社では、毎年10月下旬から11月下旬まで「笠間の菊まつり」が開催されます。「笠間の菊まつり」は日本最古の菊まつりと言われており、2018年は10月20日~11月25日まで開催します。
 
笠間稲荷神社
 
日本最古の菊祭り「笠間の菊まつり」

 

日本最古の菊祭り「笠間の菊まつり」

 

2

日本最古の菊祭り「笠間の菊まつり」

 

2

11月3日には、走る馬から矢で的を射る様子が見られる「神事流鏑馬」が笠間稲荷神社で執り行われます。10時からと14時からの2回開催予定。
 

Information

笠間の菊まつり
開催期間:毎年10月下旬~11月下旬。2018年は10月20日~2018年11月25日
開催場所:笠間稲荷神社(茨城県笠間市笠間1)ほか各所
 

【2018年笠間の菊まつり期間中の笠間稲荷神社の神事・イベント】

■假屋崎省吾の世界展
開催期間:2018年10月20日~11月1日
開催場所:笠間稲荷神社嘉辰殿

■神事 流鏑馬
開催期間:2018年11月3日 10:00~、14:00~
開催場所:笠間小学校前 特設馬場

■舞楽祭
開催期間:2018年11月18日 10:00~、14:00~
開催場所:笠間稲荷神社境内


笠間の菊まつり期間中は、街なかが美しい菊で彩られています。また2018年11月10日の18:00~21:00には菊をライトアップする「かさま門前菊あかり」を開催。昼間とはひと味違った菊装飾が楽しめます。
 
かさま門前菊あかりのライトアップの様子


 笠間稲荷神社から徒歩すぐ 

笠間稲荷門前通りで食べ歩き

笠間稲荷神社前に広がる、笠間稲荷門前通りは、お参りに来る旅人をもてなすために、昔から多くのお店が立ち並んでいます。笠間いなり寿司や地元で作る日本酒、常陸秋そば、おだんごなど、様々なグルメが味わえます。
 
笠間稲荷門前通りで食べ歩き

名物の笠間いなり寿司は、お店によってさまざま工夫されています。酢飯にくるみが入ったいなり寿司、酢飯の代わりにそばが入ったいなり寿司など、お店によって味がちがうので、ぜひ食べ比べてみて。店内でも食べられますし、お持ち帰りもできます。
 

笠間いなり寿司

 

店頭販売している笠間いなり寿司

 

店頭販売している笠間いなり寿司

  茨城県はお米も水もおいしいので、おいしい日本酒が作られることが日本酒ファンの中で知られていて、ここ笠間市にも4つの酒蔵があります。笠間稲荷神社の大鳥居の目の前には、笹目宗兵衛商店があり、有料試飲や酒蔵見学もできます。気に入った日本酒はぜひおみやげに。
 
笠間の酒蔵 笹目宗兵衛商店


 
笹目宗兵衛商店のメニュー
有料試飲 松緑純米吟醸
松緑各種
栗子美食
笹目宗兵衛商店外観
笠間稲荷神社祈祷酒
笹目宗兵衛商店酒蔵見学
笹目宗兵衛商店の歴史ある看板


ちなみに、笠間稲荷門前通りには、歩道のあたりに、小さなやきものアートが並んでいます。焼き物の名産の町らしいアートです。こちらもチェックしてみてね。
 
笠間稲荷門前通り 小さなやきものアート1
笠間稲荷門前通り 小さなやきものアート2
笠間稲荷門前通り 小さなやきものアート3
笠間稲荷門前通り 小さなやきものアート4
笠間稲荷門前通り 小さなやきものアート5


 笠間稲荷神社から徒歩10分 

かさま歴史交流館井筒屋に立ち寄ろう

かさま歴史交流館井筒屋は、約120年前に建てられた木造3階建ての旅館をリノベーションしたもの。1階には観光案内所があり、Free Wi-Fiが使えます。菊まつり期間中、井筒屋にも菊装飾が施されます。思わず写真を撮りたくなる豪華な装飾は必見です。
 
かさま歴史交流館井筒屋
 

かさま歴史交流館井筒屋1Fの案内所

 

2

Information

かさま歴史交流館井筒屋
住所:茨城県笠間市笠間987
営業時間:9:00~22:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)

井筒屋の前にある大町ポケットパークでは、茨城大学の学生がデザインした菊のモニュメントが期間中展示されます。「菊のプロムナード」をテーマに、聞くに包まれつつも開放的な遊歩道が表現されています。
 
大町ポケットパーク「菊のプロムナード」

 
 井筒屋から徒歩15分 

佐白山のとうふ屋でソフトクリーム

井筒屋から少し住宅地や田園風景のなかを歩いていくと、手作り豆腐の店「佐白山のとうふ屋」につきます。ここでは豆乳ソフトクリームがおすすめ!豆乳の風味がしっかりしていてクリーミー。店内で販売している豆乳ドーナツもおすすめ。ここで裏技、ドーナツにソフトクリームをつけながら食べるとさらにおいしいですよ。
 
佐白山のとうふ屋でソフトクリーム
 

Information

豆腐茶屋 佐白山のとうふ屋
住所:茨城県笠間市笠間2810
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜、毎月第2火曜、年末年始


★移動のアドバイス:井筒屋⇒佐白山のとうふ屋⇒工芸の丘 の移動について
上記の移動は、合計30分歩きます。もし歩く移動が大変な方は、
井筒屋(バス停日動美術館)⇒工芸の丘 
まで、かさま観光周遊バスやタクシーで移動するとラクチンに移動できますよ。


 佐白山のとうふ屋から徒歩15分 

工芸の丘で笠間のアートを体験!時間と自分の好みにあわせて楽しもう


笠間は、「笠間焼」という焼き物の名産地。「笠間工芸の丘 KASAMAクラフトヒルズ」では、笠間焼の作家のさまざまな作品を見たり購入することが可能です。また、笠間焼の陶芸体験もできますよ。
 

1. 笠間焼を買う

工芸の丘センタープラザでは、笠間を代表する作家約250人の作品を展示、販売しています。色や形、大きさなど様々なものが並びます。ここで好みの陶芸作家をさがして、実際に市内の工房を訪れるのもおすすめですよ。
 
笠間工芸の丘 KASAMAクラフトヒルズ
 

2. 笠間焼をつくる

工芸の丘には、陶芸体験ができる工房があります。笠間焼に興味を持った方、ぜひトライしてみて。体験は2時間ほどでできます。
 
笠間工芸の丘 陶芸体験
 

 

2

★工芸の丘 陶芸体験 詳細・予約はこちら

※完成した焼き物は着払いで後日発送になります
※当日空きがあれば参加できますが、WEBで事前予約することをおすすめします。

 

3. 笠間の名物 栗スイーツを味わう

実は、栗の栽培面積日本一を誇る笠間。工芸の丘カフェラウンジでは、栗のソフトクリームや笠間市内の人気の洋菓子店グリュイエールで作られたモンブランケーキをいただけます。
 
笠間工芸の丘 栗のソフトクリーム
 
グリュイエールの笠間地栗モンブラン

また、スイーツ以外にも、洋食・和食の食事メニューもありますので、おなかが空いていたらここで食事するのもいいですね。
ちなみに、カフェラウンジで提供される食事はすべて笠間焼の器を使って提供されます。どんな器でいただけるかも楽しめますよ。

Information

笠間工芸の丘
住所:茨城県笠間市笠間2388-1 笠間芸術の森公園内
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)
http://www.kasama-crafthills.co.jp/
 

 16:30 バス停工芸の丘・陶芸美術館 出発 (16:42友部駅北口着) 


工芸の丘で、めいっぱい笠間焼を楽しんだあとは、帰路につきましょう。
今回ご紹介したコースではかさま観光周遊バスで友部駅へ戻って、友部駅から東京方面に帰るプランにしました。
実際に訪れた際は、戻る時間によっては、周遊バスで笠間駅まで行き、笠間駅からJRを使って友部駅に行き、そこから東京に戻るアクセス方法もあります。ほか最初にご紹介しましたとおり、笠間⇔東京秋葉原間を運行する高速バスもあります。出発地や時間にあわせて計画を立てましょう。

★かさま観光周遊バス 詳細はこちら
★かさま観光周遊バスで巡る 笠間×女子旅「かさぷら」詳細はこちら
★関東やきものライナー : 秋葉原駅⇔笠間・益子間 高速バス 詳細はこちら


 

おまけ:笠間に1泊して、翌日はもうひとつの焼き物の郷「益子」へ

笠間焼と同じように、焼き物の郷として発展してきた益子。11月には「益子秋の陶器市」が開催されます。作者のオリジナリティあふれる器やカップなどの陶芸作品がお手頃価格で購入できます。タイミングが合えば、一足延ばして益子も訪れてみてくださいね。
 
益子秋の陶器市

 

益子の巨大たぬき像

Information

益子秋の陶器市
開催期間:毎年11月上旬。2018年は11月2日~6日
開催場所:栃木県益子町内各所(城内坂、サヤド地区中心)
アクセス:笠間と益子を結ぶ連絡バスあり(1日2便。笠間発7:30、14:50)>> 詳細はこちら
http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/index.shtml

 

10月下旬~11月下旬に開催される笠間市内のイベント

笠間の菊まつり期間には、同時期に笠間市内でも様々なイベントが開催されます。タイミングがあったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
 
陶とくらし 2018-1
陶とくらし 2018-2
陶とくらし 2018-3

【2018年 菊まつり期間中の笠間市内のイベント】

■ 陶とくらし 2018
開催日時:2018年11月1日~4日 9:00~16:00(最終日15:30まで)
開催場所:工芸の丘特設会場()

■ いばらきストーンフェスティバル
開催日時:2018年11月2日~4日 9:00~16:00
開催場所:笠間芸術の森公園 イベント会場(茨城県笠間市笠間2345)

■ 六所神社例大祭
開催日時:2018年11月3日~4日
開催場所:六所神社(茨城県笠間市下郷4384)

■ 笠間匠のまつり
開催日時:2018年11月10日 10:00~21:00、11月11日 10:00~16:00
開催場所:かさま歴史交流館井筒屋(茨城県笠間市笠間987)

■ かさま門前菊あかり
開催日時:2018年11月10日 18:00~21:00
開催場所:笠間市内各所
 

今回は、笠間の菊まつりと周辺で楽しめる秋の観光情報をご紹介しました。いかがでしたか?
季節のお祭りを楽しみつつ、ご当地グルメや季節のスイーツを楽しむのは「芸術の秋」「味覚の秋」の醍醐味ですよね。
11月中旬からは紅葉も楽しめる季節に入ります。ぜひこの機会に秋の笠間にでかけてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
DiGJAPAN!にいいね!してね。

この記事は2018年10月19日の情報です。 文:DiGJAPAN! 編集部

 

最新コメント | 0件のコメント

    • コメントがまだありません
  • DiGJAPAN!会員になると
    コメントが投稿できます。

    会員登録