tr?id=1543387775907290&ev=PageView&noscript=1

あこがれの絶景!一面に広がる青い花ネモフィラ in 国営ひたち海浜公園

STORY

 

あこがれの絶景!一面に広がる青い花ネモフィラ in 国営ひたち海浜公園

 

 
 
国営ひたち海浜公園は、四季折々の景色を楽しめる人気の公園。4月中旬にはネモフィラが開花することでとても人気のスポットです。小さなネモフィラの花が風に揺れる光景は、心奪われます。
 

ネモフィラ以外にも、チューリップ、ナノハナなど、季節の花が楽しめます。  
 

国営ひたち海浜公園のチューリップ

国営ひたち海浜公園のチューリップ

国営ひたち海浜公園の菜の花
 
国営ひたち海浜公園は、とても広く、1日中遊ぶことができます。
入口は西口・中央口といくつかありますが、一番近い西口からの入場ですと、ネモフィラが咲いているみはらしの丘まで徒歩約10分。園内の移動は、時間に余裕をもって動くことをおすすめします。
 
みはらしの丘のネモフィラ

また、一度公園を出て戻ってきたいときは、申し出れば再入場券をもらえますよ。
 

ひたち海浜公園は再入場券も発行している

国営ひたち海浜公園

旅行計画の際にぜひ参考にしてくださいね。
 

2019年ネモフィラの開花状況

ネモフィラは例年4月中旬~5月上旬に見頃を迎えます。2019年は、4月24日頃に「見頃」を迎えると予想されています。(2019年4月18日現在)ネモフィラの見頃のピークは、例年1週間~10日程度だそうです。

天候により開花状況は天候により刻々と変化します。おでかけ前に公式サイトで開花状況を確認しましょう。
https://hitachikaihin.jp/info/nenophila-kaika2019.html

 
2019年ネモフィラの開花状況
 

東京から国営ひたち海浜公園までのアクセス方法

東京方面からは、電車・バス・車、どの手段でもアクセスできますが、電車&路線バスか高速バスでアクセスすることをおすすめします。

東京方面からのアクセス方法はさまざまありますので、自分の出発地からどういくのが便利か見比べてみましょう。
国営ひたち海浜公園公式サイトアクセス情報:https://hitachikaihin.jp/access/train-bus.html
 
 

カメラを持って国営ひたち海浜公園にでかけよう!

ネモフィラの見頃は例年4月中旬~5月上旬ですが、それ以外の季節も、国営ひたち海浜公園は見どころがいっぱい!10月中旬に赤く染まるコキア、7月中旬~9月中旬の緑コキア、6月下旬~7月上旬のラベンダー、10月上旬~中旬のコスモス、12月上旬のメタセコキアの紅葉など、見逃せない季節の景色が広がります。ぜひ国営ひたち海浜公園に出かけてみてくださいね。
 

Information

国営ひたち海浜公園
住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間:9:30~17:00(閉園) 時期により異なる
定休日:月曜、祝日の場合は翌日休 年末年始休
料金:入園料大人(高校生以上)450円、小人無料
交通:JR常磐線勝田駅から茨城交通海浜公園南口行きバスで約15分、海浜公園西口下車すぐ/JR常磐線勝田駅からひたちなか海浜鉄道湊線に乗り換え、阿字ヶ浦駅まで約30分、 阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバス那珂湊コースにて海浜公園西口下車徒歩約10分、または海浜公園南口まで徒歩約20分
https://hitachikaihin.jp/


※上記記事は2019年4月取材時点の情報を元に作成しています。
※写真は主に2017年5月の撮影のものになります。
※開花時期・見頃時期は気候によって変化します。おでかけ前に公式サイトなどで状況を確認することをおすすめします
 
 
 
 

この記事が気に入ったら
DiGJAPAN!にいいね!してね。

この記事は2019年04月18日の情報です。 文:DiGJAPAN! 編集部

 

最新コメント | 0件のコメント

    • コメントがまだありません
  • DiGJAPAN!会員になると
    コメントが投稿できます。

    会員登録