tr?id=1543387775907290&ev=PageView&noscript=1

観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」で絶景を巡るモデルコース

STORY

 

観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」で絶景を巡るモデルコース

 

 
 
北海道を走る「富良野・美瑛ノロッコ号」は、美瑛の丘と富良野盆地の中を走る観光列車です。2017年は6月10日から9月24日に運行されます。きれいな風景を列車から見られるところではスピードを落として走ってくれます。ラベンダー畑の近くを通るときは、かすかに花の香りが感じられ、この季節ならではの体験ができるのも魅力です。

北海道の夏は、「富良野・美瑛ノロッコ号」にぜひ乗ってみましょう!
 

「富良野・美瑛ノロッコ号」とは?


「富良野・美瑛ノロッコ号」の名前の「ノロッコ」とは、「ゆっくり」をあらわす「ノロノロ」と、「トロッコ」をあわせた造語。景色の良い場所では最高速度30km/h ほどでのんびりと走ってくれます。
 
富良野・美瑛ノロッコ号1
鮮やかな色合いの富良野・美瑛ノロッコ号

富良野・美瑛ノロッコ号2
富良野・美瑛ノロッコ号のレトロな雰囲気の車両

座席は、富良野・美瑛の美しい景色が見やすいように外側に向けて設置されています。木製のベンチがとてもかわいい雰囲気です。天気が良いときは、窓は開け放たれ、窓越しではなく直接景色を眺めることができますよ。
 
富良野・美瑛ノロッコ号車窓からの眺め
富良野・美瑛ノロッコ号車窓からの眺め
 
ラベンダー畑を望むノロッコ号ラベンダー畑を望むノロッコ号
 

鉄道旅のはじまりは富良野駅から!


「富良野・美瑛ノロッコ号」始発駅の富良野駅の近くには、地元の特産品を扱う「フラノマルシェ」があります。駅から歩いて7分ほどにあるので、出発前の空き時間を使って、電車内で食べるものを買いに行きましょう。おすすめは、富良野産のお米を使ったおむすび専門店「にぎりまんま」のおにぎり(下記写真)。1個160円~450円で購入することができます。
 
富良野産のお米を使ったおにぎり
富良野産のお米を使ったおにぎり

おみやげはもちろん、テイクアウトグルメも多く取り扱っています。ゆっくり食事ができるレストランも完備されているので、自分の旅のスタイルに合わせて立ち寄ってみてください。
 
フラノマルシェ

​Information

フラノマルシェ
住所:北海道富良野市幸町13-1
営業時間:10:00~19:00(2017年6月17日~9月24日は9:00~)
定休日:無休
アクセス:JR富良野駅から徒歩7分
※Wi-Fi スポットあり
 
富良野駅
富良野駅
 

「ラベンダー畑駅」で降りて富良野のラベンダー畑へ


買い物が終わったら、富良野駅でさっそく列車に乗り込みましょう。富良野駅を出発して約20分で「ラベンダー畑駅」に到着します。ラベンダー畑駅は「富良野・美瑛ノロッコ号」が運行される6月10日から9月24日のみ設置される臨時駅です(2017年の予定)。
 
臨時でできるラベンダー畑駅1
臨時でできるラベンダー畑駅

臨時でできるラベンダー畑駅2駅からは、ラベンダー畑で有名な「ファーム富田」に歩いて7分ほど
 
ラベンダー畑駅の最寄りのファーム富田では、ラベンダー畑などの広大な花畑のほかに、天然のラベンダーエキスを使ったスイーツや雑貨を販売しています。
 
色鮮やかなラベンダー畑1
広大なラベンダー畑が広がるファーム富田
 
色鮮やかなラベンダー畑2
インスタに思わずアップしたくなる色鮮やかなラベンダー畑
 
ファーム富田看板
様々な花畑を楽しめるファーム富田

​Information

ファーム富田
住所:北海道中富良野町基線北15号
営業期間:4月下旬~11月上旬(冬季休園)
営業時間:8:30~17:00(閉園、時期により異なる)
定休日:期間中無休
料金:入園料無料
アクセス:JR中富良野駅からタクシーで5分、徒歩25分。またはラベンダー畑駅(臨時駅)から徒歩7分

ファーム富田を紹介した『一生に一度は行きたい絶景「ファーム富田」のラベンダー畑』の記事はこちら


ファーム富田の隣にある「とみたメロンハウス」では、富良野産メロンを使ったスイーツがいっぱい!北海道旅行で、メロンは欠かすことができないフルーツです。
おすすめは、メロンソフトクリームにメロンの果肉がのった「メロン果肉トッピングソフトクリーム」450円。この季節、メロンの果肉が熟していてとても甘いんです。
 
メロン果肉トッピングソフトクリーム
メロン果肉トッピングソフトクリーム
 
みずみずしい富良野メロン
みずみずしい富良野メロン
 
とみたメロンハウス外観
とみたメロンハウス外観

​Information

とみたメロンハウス
営業期間:6~9月
営業時間:9:00~17:00(閉店、時期により異なる)
定休日:期間中無休
住所:北海道中富良野町宮町3-32
アクセス:JR中富良野駅から徒歩15分
https://www.tomita-m.co.jp/

ラベンダーをもう少し見たい方におすすめなのは、ファーム富田の隣にある中富良野町営ラベンダー園へ。北星山の斜面に広がる花畑で、ラベンダーの開花期には観光リフト(往復300円)が運行されます。
 
中富良野町営ラベンダー園
中富良野町営ラベンダー園

Information

中富良野町営ラベンダー園
住所:北海道中富良野町宮町1-14
営業期間:6月中旬~8月下旬
営業時間:9:00~17:40
定休日:期間中無休
アクセス:JR中富良野駅から徒歩15分


ランチは、野菜が楽しめるレストラン「あぜ道より道」がおすすめ。とみたメロンハウス、または中富良野町営ラベンダー園周辺からタクシーで約10分で移動できます。
このレストランのポトフは、自家製のベーコン、自家栽培の野菜を中心に富良野産のものを使用しています。サラダ付きで970円。1日10食限定。
 
ポトフ サラダ付き
自家栽培の野菜を中心に使ったポトフ
 
レストラン「あぜ道より道」
レストラン「あぜ道より道」

​Information

ファームレストラン あぜ道より道
住所:北海道上富良野町東6線北16
営業期間:通年
営業時間:10:30~15:30(夏期は食材がなくなり次第閉店、時期により異なる)
定休日:水曜
アクセス:JR中富良野駅からタクシーで10分
 

車窓から見える富良野、美瑛の風景


ランチのあとは、タクシーでラベンダー畑駅へ戻り、もう一度「富良野・美瑛ノロッコ号」に乗車して次の目的地、美瑛へ向かいます。
出発してすぐ、進行方向左側にファーム富田や中富良野町営ラベンダー園などのラベンダー畑が次々と目に飛び込んできます。
ラベンダー畑駅から美瑛駅の周辺にはいくつもの花畑があり車窓から見られる風景の中でもっとも美しい景色が楽しめます。
ラベンダー畑の近くを通り過ぎる時、かすかにラベンダーの甘い香りが感じられますので、ぜひ注目してみてくださいね。
 
ラベンダーを見ながら走るノロッコ号
ラベンダーを見ながら走るノロッコ号
 
ラベンダー畑が広がる
ラベンダー畑が広がる

美馬牛駅を通過し、美瑛駅に近づくと見えてくるのは「赤い屋根の家」。美瑛の丘の広大な田園風景に、赤い屋根の建物がぽつんと建ち、絵本のような風景が楽しめます。
 
美瑛で人気の景色、赤い屋根の家
美瑛で人気の景色、赤い屋根の家
 
車窓から見える田園風景
車窓から見える田園風景

 

「美瑛駅」で降りて美瑛の丘めぐり


美瑛駅に到着したら、駅から徒歩3分の滝川サイクルで自転車を借りて、美瑛の丘を巡りましょう。美瑛は坂道が多いので、電動アシスト付自転車がおすすめ。
 
美瑛駅前の滝川サイクルでレンタル
美瑛駅前の滝川サイクルでレンタル

​Information

滝川サイクル
住所:北海道美瑛町栄町1丁目
営業期間:4月下旬~11月上旬
営業時間:7:00~18:00
定休日:荒天時は休業
料金:普通自転車1時間200円、電動自転車1時間600円
アクセス:JR美瑛駅から徒歩3分
 
自転車で自由に美瑛を廻ろう
自転車で自由に美瑛を廻ろう

自転車を借りて向かったのは、美瑛駅の南側にある「パノラマロード」。
駅から自転車で25分ほど走ると広大な畑の風景が楽しめる「新栄の丘展望公園」に着きます。色の違う畑が折り重なり、目の前に見えるのは美瑛の丘と山々の景色。ゆったりとした空間も美しい風景の一部です。実はここ、夕日のきれいなスポットとしても有名です。
 
何枚も写真を撮りなくなるパノラマロード
何枚も写真を撮りなくなるパノラマロード
 
新栄の丘展望公園からの眺め
新栄の丘展望公園からの眺め

さらに自転車で30分ほど走り、三愛の丘展望公園へ。美瑛らしい丘の風景が見渡せる絶景スポットです。
 
三愛の丘展望公園
三愛の丘展望公園

三愛の丘展望公園から自転車ですぐの「三愛の丘茶屋カーブ」で本日2回目のデザートタイム!
冷たいソフトクリームに熱々のエスプレッソや抹茶をかけたアフォガードがおすすめ。
 
抹茶のアフォガード
抹茶のアフォガード
 
三愛の丘茶屋カーブ
三愛の丘茶屋カーブ

Information

三愛の丘茶屋カーブ
住所:北海道美瑛町福富瑛進
営業期間:4月下旬~10月下旬
営業時間:10:30~16:30
定休日:期間中木曜
アクセス:JR美瑛駅からタクシーで5分

「三愛の丘茶屋カーブ」から自転車で30分くらい走り、美瑛駅へ戻ります。

レンタサイクルを返却したあとは、「美瑛選果」でおみやげ探し。
「美瑛選果」は、地元食材を使ったオリジナル商品がたくさんあります。しかも、パッケージがどれもおしゃれなのも魅力です。
 
美瑛選果1
地元食材を使ったオリジナル商品が並ぶ
 
美瑛選果2
テラス席で食べるのもおすすめ

美瑛選果3
左上:ハスカップゼリー 350円 右上:びえい豚カレーとろとろ煮込み 550円
左下:おかきに じゃがバター 490 中:円丘のおかし あずき 350円 右下:ハスカップジャム 780円

Information

美瑛選果
住所:北海道美瑛町大町2
営業期間:物販は通年営業、レストランは4~11月、テイクアウトショップは4月~11月上旬
営業時間:9:30~17:00(6~8月は~18:00、時期・施設により異なる)
定休日:無休、施設により異なる、レストランは11月は月~金曜(要問合せ)
アクセス:JR美瑛駅から徒歩10分
 


ちなみに。美瑛の丘めぐりはレンタサイクルのほかに、観光バスでまわることもできます。
富良野駅発着の「美遊バス」の丘めぐりコースは1~2時間ほど。2000円で、事前予約が必要です。席に空きがあれば、当日、美瑛駅前の「四季の情報館」でチケットを購入することもできますよ。
詳しくはJR北海道公式サイトをチェックしてください。
 
富良野駅発着の美遊バス
富良野駅発着の美遊バス
 

富良野・美瑛ノロッコ号の予約方法、アクセス


●札幌駅から富良野・美瑛へのアクセス
札幌駅から特急列車(4810円・指定席)に乗って1時間25分で旭川駅。旭川駅でJR富良野線に乗り換え。美瑛駅までは35分540円、富良野駅までは1時間20分1070円。

札幌駅から富良野駅までは高速バス「高速ふらの号」2260円で行くこともできます。

●おとくなきっぷ
「ふらの・びえいフリーきっぷ」は、札幌から、富良野・美瑛・旭川エリアまでの1往復と、富良野・美瑛・旭川エリアが乗り放題。期間は4日間で6500円。
「富良野・美瑛ノロッコ号」の自由席にも乗車可能。

「ラベンダーフリーパス」は富良野・美瑛エリアの普通列車、富良野・美瑛ノロッコ号の自由席が一日乗り放題のお得な切符です。1日2500円。4月29日~10月31日まで販売中。

●特急フラノラベンダーエクスプレス
札幌駅と富良野駅まで乗り換えなしで行ける特急列車。所要2時間、往復4810円(指定席)。

2017年の運行は6月10日から9月24日まで。6月24日~8月20日は毎日運行、それ以外は土・日曜、祝日の運行となります。詳しい日程はホームページを御確認ください。

JR北海道 「JRで行く 富良野・美瑛2017」⇒ https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/furano_sum2017/index.html

アクセスマップ
 

●「富良野・美瑛ノロッコ号」の予約
「富良野・美瑛ノロッコ号」は人気の観光列車。自由席で乗ることもできますが、確実に座るなら指定席の予約するのがおすすめ。新千歳空港駅や札幌駅など、全国のみどりの窓口でチケットの予約ができます。予約は運行日1ヶ月前の午前10時から。

●JAPAN RAIL PASS、HOKKAIDO RAIL PASSの利用可能
「富良野・美瑛ノロッコ号」のほか、札幌駅から旭川へ行く特急列車や、富良野・美瑛エリアへのアクセスに使う電車は、すべてJRなので、JAPAN RAIL PASSまたはHOKKAIDO RAIL PASSを利用していくことがでます。
 

■今回紹介した「富良野・美瑛ノロッコ号」で絶景を巡るモデルコース
 
「富良野・美瑛ノロッコ号」で絶景を巡るモデルコース



※上記の記事は2017年5月26日取材時点の情報を元に作成しています。

 

この記事が気に入ったら
DiGJAPAN!にいいね!してね。

この記事は2017年07月10日の情報です。 文:DiGJAPAN! 編集部

 

最新コメント | 0件のコメント

    • コメントがまだありません
  • DiGJAPAN!会員になると
    コメントが投稿できます。

    会員登録